子や孫に誇れる郷土 江北
      

子どもの医療費助成



子どもの医療費助成制度
 江北町では、小学校就学前の子ども(現物給付)及び小学生以上で中学校卒業までの児童生徒(償還払い)について、保険診療の対象となった医療費の一部負担金を助成しています。


【出生の日〜小学校就学前まで】・・・現物給付方式
 佐賀県内の保険医療機関等(下記の県外の保険医療機関を含む。)で、保険診療の対象となった医療費の一部負担金を支払う場合、1医療機関あたり、次の額が本人負担額となります。


≪窓口支払額≫

通院 最大500円を2回まで
(同じ医療機関の場合、3回目以降は無料)
※実際の支払いが500円未満でも1回とみなします
入院 1医療機関当たり月上限1,000円
薬局 無料

 ※ 保護者負担額はお子様1人、ひと月、1医療機関あたりの金額です。
 
 
≪支払方法≫

県内の医療機関及び県外4医療機関で受診 「子どもの医療費受給者証(桃)」と子どもの健康保険証を医療機関の窓口に提示し、上記金額を支払う
上記以外の県外医療機関で受診 医療機関や薬局の窓口で一部負担金を支払い、後日役場に申請手続きを行う


★(県外の保険医療機関
 ・久留米大学病院 ・医療法人聖母会聖マリア病院
 ・福岡市立こども病院 感染症センター ・佐世保市立総合病院
 
★上記以外の県外医療機関や県外薬局で受診した場合は、医療機関や薬局の窓口で一部負担金を支払い、後日役場に申請手続きをしてください。
★申請手続に必要なもの
@子どもの医療費助成申請書(PDF:92KB)
(役場福祉課の窓口にあります)
A領収書(乳幼児の氏名・診療総点数・診療月・金額の明記必要)
上記領収書以外の場合は、申請書に医療機関の証明を記入。


※(子どもの医療費受給資格証について)
@ 「子どもの医療費受給資格証(桃色)」は子どもの医療費の助成を受けることができることを示す証です。転入などで資格証の交付を受けておられない方は、お早めに役場・福祉課まで印鑑と保険証を持参され、申請をして下さい。(即、発行できます。)


A 医療機関等で乳幼児が治療を受ける場合は、その窓口で被保険者証とともに、資格証を提示してください。提示がないと助成が受けられず一部負担金を請求されることになります。


B 乳幼児の住所・氏名・加入医療保険又はその内容に変更があった場合は、江北町役場福祉課に変更の手続きにお越しください。


C 助成機関終了及び転出等の理由により受給資格を喪失した場合は、受給資格証を速やかに福祉課に返納してください。


D 医療費のうちに医療保険の給付対象とならないもの(健康診断・差額ベット代・容器代・オムツ代等)は、本人の負担となります。


【小学生〜中学生の医療費助成について】・・・償還払い方式
 平成24年4月診療分より医療費の助成を始めました。
★ 医療機関や薬局の窓口で一部負担金を支払い、後日役場福祉課に申請手続きをしてください。
★ 医科、歯科、調剤薬代、入院費(食事療養費除く)の保険診療分を助成します


※申請手続に必要なもの
@子どもの医療費助成申請書(PDF:92KB)
(役場福祉課の窓口にもあります)
A領収書(児童生徒の氏名・診療総点数・診療月・金額の明記必要)
上記領収書以外の場合は、申請書に医療機関の証明を記入。


【問い合わせ先】 江北町役場 福祉課 電話 0952―86−5614




●その他の医療費助成制度の申請


ア)未熟児養育医療(申請窓口:江北町保健センター[TEL0952-71-6324])
 身体の発育が未熟なままで生まれ、入院を必要とする乳児(1歳になる前々日前まで)に対して、その治療に必要な医療費を町が負担する制度です。療育医療給付を受けることができるのは、全国の指定療養医療機関での治療に限られます。なお、世帯の所得税額に応じて自己負担金が生じます。

県内の指定療育医療機関
  独立行政法人国立病院機構佐賀病院、佐賀大学医学部附属病院、独立行政法人国立病院機構嬉野医療センター、佐賀県立病院好生館、佐賀社会保険病院、唐津赤十字病院、久保田産婦人科病院
(県外の指定療育医療機関での治療も対象となります。詳しくはお問い合わせください)


≪対象者≫
  江北町に住民票があり、出生体重が2,000g以下、または身体発育が未熟なまま出生した乳児であって、医師が必要と認めた者。
 
≪助成内容≫
 診察、医学的処置、薬剤又は治療材料の支給等に対して公費負担を受けられます。ただし、健康保険が適用される医療費が給付範囲となりますので、おむつ代・差額ベッド代などの保険適用外のものについては対象となりません。保険適用外のものについては、医療機関の窓口でお支払いいただく必要があります。
 
≪申請方法≫
 入院治療開始から1カ月以内に必要書類をそろえ、申請を行ってください。
 
≪必要書類≫
 @申請書(様式第1号)
 A療育医療意見書(様式第2号)
 B世帯調書(様式第3号)
 C子どもの健康保険証(申請時にお子さんの保険証がまだできていない場合は、加入予定の被保険者本人の保険証をお持ちください。)
 D子どもの医療費受給資格証
 E印鑑(申請書に押印した印鑑。認印で結構です。)
 ※CDは申請時にできていない場合は後日ご提示ください。

イ)小児慢性特定疾患(申請窓口:杵藤保健福祉事務所[TEL0954-22-2103])
対象者:身体に障害がある小児。
内容:対象者に対して、手術などの治療により障害の除去・軽減ができる場合に限り、医療費を助成。(指定医療機関有り)


【問い合わせ先】 江北町役場 保健センター[TEL0952-71-6324]